1999年10〜12月にフジテレビ月9枠で放送された『氷の世界』。当時は、恋愛ドラマがほとんどだった月9枠で、サスペンスドラマだったのですが、平均視聴率は19.0%。最高視聴率は24.4%でした。

当時の月9ドラマの視聴率と比較しても、高視聴率だったことがわかりますね。

ドラマ『氷の世界』視聴率

タイトル視聴率
1話そこに悪女がいる24.4%
2話恋人たちは死んだ20.2%
3話監視された女17.9%
4話12年前の保険金殺人18.5%
5話命を捧げるほど、君を愛す17.5%
6話日本海殺人事件18.0%
7話恐るべき抱擁16.8%
8話悲劇16.3%
9話犯人は君だ18.7%
10話対決16.6%
11話愛するということ22.9%

ドラマ『氷の世界』の平均視聴率は19.0%。最高視聴率は第1話「そこに悪女がいる」で24.4%。3話以降は20%を切りますが、最終話では22.9%を記録しています。

現在の視聴率と比較すると、とても高視聴率のように感じます。でも、当時の「月9」枠では高視聴率だったのでしょうか?

ドラマ『氷の世界』と1996年〜2002年の月9視聴率

1996年〜2002年(「氷の世界」放送の前後3年)の月9の視聴率をまとめてみましたよ。

調べてみてわかったんですが、1996〜1997年は平均視聴率が20%を超えるものばかりでした。でも、1998年〜2000年は、平均20%を超えたドラマは2本だけ。(『オーバータイム』、『やまとなでしこ』)

比較してみると、『氷の世界』は比較的高視聴率だったみたいです。

タイトル年月出演平均視聴率
(最高視聴率)
ピュア1996年1〜3月和久井映見、堤真一23.5%
(25.9%)
ロングバケーション1996年4〜6月木村拓哉、山口智子29.6%
(36.7%)
翼をください!1996年7〜9月内田有紀、反町隆史13.6%
(15.5%)
おいしい関係1996年10〜12月中山美穂、唐沢寿明21.8%
(25.5%)
バージンロード1997年1〜3月和久井映見、反町隆史21.4%
(28.3%)
ひとつ屋根の下21997年4〜6月江口洋介、福山雅治、酒井法子27.0%
(34.1%)
ビーチボーイズ1997年7〜9月反町隆史、竹野内豊、広末涼子23.7%
(26.5%)
ラブジェネレーション1997年10〜12月木村拓哉、松たか子30.8%
(32.5%)
DAYS1998年1〜3月長瀬智也、金子賢、小橋賢児
中谷美紀、菅野美穂
19.5%
(23.7%)
ブラザーズ1998年4〜6月中居正広、岸谷五郎、木村佳乃17.9%
(24.3%)
ボーイハント1998年7〜9月観月ありさ、瀬戸朝香、いしだ壱成14.2%
(20.2%)
じんべえ1998年10〜12月田村正和、松たか子、草彅剛15.9%
(22.6%)
Over Time-オーバー・タイム1999年1〜3月反町隆史、江角マキコ20.1%
(21.9%)
リップスティック1999年4〜6月三上博史、広末涼子16.3%
(19.4%)
パーフェクトラブ!1999年7〜9月福山雅治、木村佳乃17.0%
(18.9%)
氷の世界1999年10〜12月竹野内豊、松嶋菜々子19.0%
(24.4%)
二千年の恋2000年1〜3月中山美穂、金城武16.1%
(21.0%)
天気予報の恋人2000年4〜6月佐藤浩市、稲森いずみ14.9%
(18.1%)
バスストップ2000年7〜9月飯島直子、内村光良17.2%
(20.5%)
やまとなでしこ2000年10〜12月松嶋菜々子、堤真一26.4%
(34.2%)
HERO2001年1〜3月木村拓哉、松たか子34.3%
(36.8%)
ラブレボリューション2001年4〜6月江角マキコ、米倉涼子17.4%
(20.3%)
できちゃった結婚2001年7〜9月竹野内豊、広末涼子15.9%
(21.8%)
アンティーク ~西洋骨董洋菓子店~2001年10〜12月滝沢秀明、椎名桔平
藤木直人
17.7%
(18.5%)
人にやさしく2002年1〜3月香取慎吾、松岡充
加藤浩次
21.4%
(23.6%)
空から降る一億の星2002年4〜6月明石家さんま、木村拓哉22.6%
(27.0%)
ランチの女王2002年7〜9月竹内結子、江口洋介、妻夫木聡
山下智久、山田孝之
19.1%
(21.9%)
ホーム&アウェイ2002年10〜12月中山美穂、西田尚美、
酒井若菜、小泉孝太郎
13.7%
(16.3%)